空飛ぶおかあさん

JALやANAのマイルを使って格安で行く旅行記や親子留学、海外サマーキャンプについて書いています。

ハイアットリージェンシーのサマーキャンプ体験記 グアム旅行記5

f:id:flyingmother:20171108201752j:plain

息子が小学校に入学して最初の夏休み。

我が家は今年から、毎年夏休みのどこかで家族旅行を兼ねて、サマーキャンプかサマースクールに参加すると計画していました。いろいろと調べて、初めてのサマーキャンプはグアムのハイアットリージェンシーホテル主催の「Camp Hyatt Summer 2017」に1週間参加してきました。

 

なぜグアムなのか?

小学生になると、ハワイでも参加できる魅力的なサマースクールやサマーキャンプも増えて、いろいろと選択肢にあがったんですが、留学生に義務付けれている「ツベルクリン検査」の内容がかなり面倒なんです。検査の段階で、病院嫌いの息子の気分が一気にダウンしてしまうのが目に見えていたので、今回ハワイは却下。

同じアメリカでも、準州のグアムは検査義務のないスクールやキャンプも多く、日本からも近い。親子留学の取っ掛かりとしては良いのでは?という理由で参加を決めました。

グアムには何度か行っているので、ある程度の土地勘もあることもあって、初めてのスクール参加への心配以外に気を使わなくて良いのも、グアムを選んだ大きな理由でした。

 

キャンプハイアット(Camp Hyatt)とは? 

今回選んだのは、ハイアットリージェンシーグアムが主催する「Camp Hyatt Summer 2017」というサマーキャンプ。

ハイアットリージェンシーには、「キャンプハイアット」というキッズクラブがあって、宿泊者はいつでも利用できるんですが、ここグアムのハイアットでは、その夏休み企画として主に現地の子供向けにプログラムが組まれています。

アメリカの夏休みは早くて5月中旬から8月中旬〜末と長く、サマーキャンプやスクールは1週間単位で参加できるように企画されているものが多いです。

 

1週間のタイムテーブルはこんな感じ。月曜から金曜の、朝8時から17時まで預かってもらえます。

f:id:flyingmother:20171108221859j:plain

 

我が家は日本の小学校が夏休みに入った7月下旬の1週間を申込みました。

 

キャンプの一日

朝8時にキャンプ受付。
初日は8時に行きましたが、9時までは自由遊びな感じなので、翌日から9時参加にしました。

 

現地のお子さんが多かったですが、中には日本語もちょっと話せるお兄ちゃんがいて、男子同士でふざけあっていました。韓国からのお子さんや台湾、中国からのお子さんもちらほら。日本からのお子さんも数人いました。

 

朝の会的な集会。キャンプの注意事項や年齢別に今日のお知らせなど。全て英語。

 

大まかなタイムスケジュールはありますが、結構適当・・^^;。
雨天以外の午前中は、ほぼプール。スライダーは2種類あって、うちに子はひたすら滑りまくっていました。

 

小さい子はライフジャケット着用なので安心です。
うちの子は、「浮いちゃって潜れないから着けたくないー」って言ってましたが^^;。

 

室内でお絵かきやクラフトワークもやっています。

 

ビーチに出て遊ぶ日も。

 

ランチはホテル内のレストランで。ホテルなので衛生的だし、親は安心ですね。

 

お肉、野菜、パン、フルーツ、デザート(ケーキなど)のランチ構成。

 

午後4時頃にスナックタイム(おやつ)。プールサイドのカフェでフライドチキンやポテト、フルーツが出ました。

 

ホテル内のレストランでピザ作りの日もありました。

 

ホテル内の広い会議室で映画会も。

 

キャンプの最終日には帽子がもらえます。女の子はまた違うのかも。

 

観光客価格とローカル価格がある!?

キャンプハイアット自体は主に宿泊者向けのアクティビティとして常時受付していて、一定数の申し込みがあれば開催しているようです。

 

名称:キャンプハイアット(Camp Hyatt)
期間:常時
対象:4歳 ~12歳
時間 : ① 8時~17時 ② 8~12時 もしくは 13~17時
費用 : ① 85ドル (ランチ、スナック付き) ② 55ドル(別途$10でランチ付き) 
申込み方法:ハイアット リージェンシー ホテルのフロントデスク、もしくはコンシェルジュデスクにて申込用紙をもらう。
URL:http://guam.regency.hyatt.com/ja/hotel/home.html

 

宿泊者以外の利用もできますが、価格は違うようなので問い合わせが必要です。おそらく1日コースは150ドル程度だったように思います。

 

今回、ハイアットグアムに直接サマーキャンプの申込み可否の問い合わせをしたら、なぜかローカル(現地向け)価格でOKとの案内をいただいたので、言われるまま申し込んでしまいました。 

なんと1人250ドル/1セッション(1週間)。しかも2セッション以上の申込みは10%引き!

ハイアットで1週間(5日間)、ランチもおやつも付いて250ドルなんて破格!!!

日本のインターナショナルスクールのサマーキャンプとか、1週間最低でも5万円以上しますよ〜、しかもこんなに預かり時間長くないし・・。

 

 

ただ、その後、このような外部からの問い合わせが増えたせいかホテル側がポリシーを変更、この価格での参加資格は、ホテル宿泊者かローカルのみとなってしまったようです。

まあ、当たり前な話ですけど、残念ですね〜。ローカル価格での参加は最初で最後だと思います・・^^;

 

まとめ

おためし親子留学にはとても向いている内容だと思います。英語の勉強とかしこまらず、遊びを通じて英語文化に慣れていくという感じなので、特に低年齢のお子さん向け。日本で英語を習っているお子さんであれば、その力試しもできると思います。

何より、いろいろな国籍のお子さんと交流することが、一番の学びになるのではと感じました。

 

開催地がホテル内、しかもハイアットなので施設面、衛生面でも安心です。タモン地区のホテルの中でも特にハイアットはプールの種類が充実しているので、子供は楽しいと思います。

今回、思いがけずローカル価格で参加できましたが、観光客向け価格でも、十分価値がある内容だと思いました。

何より親が安心できますし、タモン中央にあるので、キャンプ終了の時間までママ時間や親時間を楽しむことができます。

親にも子にも充実した休暇が過ごせる、素敵なサマーキャンプでした♡