空飛ぶおかあさん

JALやANAのマイルを使って格安で行く旅行記や親子留学、海外サマーキャンプについて書いています。

ベビーカーでも行ける厳島神社と弥山!親子3人広島・宮島の旅 前編

f:id:flyingmother:20170705124437j:plain

去年の夏休み。5歳と2歳の子供たちを連れて母子3人、初めて広島の宮島へ行ってきました。宮島は日本三景の一つで、厳島神社を中心とした島です。
転勤で広島在住の友人親子と一緒だったので、ワイワイ楽しく心強い旅となりました。ただし男手はナシ!!

 

広島駅からフェリー乗り場まではJRで約30分

宮島までは宮島桟橋からフェリーに乗ります。
今回は友人の車で行ったのでフェリー乗り場横の駐車場を利用しました。夏休み最終週のせいか?結構空きがありましたが、繁忙期はとにかく混むらしく、臨時の駐車場さえ空きがないこともあるらしいです。


電車だと、広島駅からJRか広電で。JRが早くて良さそうですね。

f:id:flyingmother:20170705115357p:plain

 

名物穴子めし「うえの」

乗船の前に、「うえの」で穴子めしのお弁当を買っていきました。厳島神社を参拝した後、ロープウェーで弥山に登り、そこの展望台でお昼にしようというプランです。

f:id:flyingmother:20170705120338j:plain

 

www.tripadvisor.jp

 

フェリーはちょっとしたアトラクション!

宮島口から宮島桟橋へは、JR西日本宮島フェリー宮島松大汽船が運行しています。所要時間約10分。
運賃は、片道大人180円、小人90円です。

正直、船に長時間乗るのは苦手・・・この位の時間なら(私も子供も)アトラクション気分で楽しめるし、子供も飽きないのでいいですね。水上バス感覚です。

船内のデッキまで階段をのぼるので、ベビーカーは畳んで運ばないといけないんですが、親切なイケメンのイタリア人(?)のお兄さんが運んでくれました♡
広島は外国人観光客が本当に多くて、思ったより国際色が強かったです。

f:id:flyingmother:20170705121055j:plain

 

フェリーから大鳥居が見えます。

f:id:flyingmother:20170705121309j:plain

 

宮島では鹿に注意!

フェリーを降り、厳島神社に向かいます。
ここでいきなり放し飼いの鹿に出会うので、心の準備が必要です。観光客がエサをあげることは禁止されていますが、油断すると持っている食料を狙われますので注意です。紙類も狙われることがあるようなので、特に子供にはパンプレットなど持たせないようにしましょう。


私たちは、ベビーカーのフックに掛けていた枝豆の入った袋を奪われました・・・子供たちドン引き!

f:id:flyingmother:20170705121809j:plain

f:id:flyingmother:20170705121843j:plain

 

厳島神社は干潮時がおすすめ

海岸線沿いに厳島神社方面に進みます。子供たちが砂浜に降りて遊びだしてしまい、なかなか到着しません・・・。

f:id:flyingmother:20170705122012j:plain

 

大鳥居に到着。時刻は13時。干潮で水が完全に引いていて、鳥居まで歩いていけました。とはいえ、靴はそこそこ汚れますし滑りやすいので、水の引き具合を見て判断したほうが良いかも。

f:id:flyingmother:20170705122134j:plain

 

厳島神社も水が完全に引いています。

f:id:flyingmother:20170705122459j:plain

 

厳島神社の昇殿初穂料は、大人300円、高校生200円、小・中学生100円です。

ベビーカーを荷物入れとしていたので押しながら社内を移動しました。本殿の廻廊は床の板の間に隙間があるので、タイヤがガタガタして多少押しにくいですが許容範囲です。この隙間は目透しといって、水位が上昇したときに押し上げる海水の圧力を軽減したり、水はけを良くする役目があるそうです。

f:id:flyingmother:20170705122808j:plain

 

この時は干潮で完全に水がなくて、建物の下の構造(柱)がよくわかりました。

f:id:flyingmother:20170705122709j:plain

 

平舞台を歩く時は転落に注意

本殿の正面に平舞台があり、その先には大鳥居が。

f:id:flyingmother:20170705123046j:plainf:id:flyingmother:20170705123133j:plain

 

この平舞台ですが、柵も何もないので子供はかなり注意が必要です!2歳の娘ははしゃいで突然走り出すので終始ヒヤヒヤ・・・

 

息子は干潟にいるたくさんのカニや生き物に夢中でした。これもまた転落の危険性大なので、目を離さないでくださいね!

f:id:flyingmother:20170705123319j:plain

 

もし万が一、転落したとしても水がないもしくは浅い分、溺れる可能性は低いと思うので、特に平舞台に子連れで行くときは干潮時がおすすめです。

大人も絶対落ちてますよね?

 

潮の干満時間を事前にチェック

ちなみに・・

大鳥居の根元まで歩いて行ける潮位の目安は100cm以下です。
厳島神社と大鳥居が海に浮かんで見える潮位の目安は250cm以上です。

 

潮の干潮・満潮の時間はこちらのサイトで調べられます。
潮汐(ちょうせき:月と太陽が地球に及ぼす引力の影響等で海面が規則的な周期で昇降すること)についての説明や、表の見方、年間の潮汐表など詳しく書かれていますので要チェックです。

一般社団法人 宮島観光協会/年間潮汐
http://www.miyajima.or.jp/sio/sio01.html

 

疲れたら一休みできるスポット

厳島神社の裏には小さな川が流れています。整備されていますし浅いので、子供も割と安全に遊べますし、木陰もあるので大人もゆっくりと休めます。

f:id:flyingmother:20170705132854j:plain

 

宮島観光はかなり歩くので、特に夏場や子連れの場合はこまめに休憩をとることをおすすめします。子供はずっと遊んでいましたが・・・ 

 

厳島神社が見せる3つの顔

厳島神社は、干潮時、満潮時、ライトアップ時と、その景色はぜんぜん違います。

今回、事前リサーチも何もしなかったんですが、たまたま大潮で潮の干満差が大きい時期だったようです。

島に到着したお昼頃が干潮のピークで大鳥居まで歩いて行くことができ、ひと通り観光して帰路につく夕刻には、潮も満ちて大鳥居も厳島神社もすっかり海の中・・・と、昼とはまったく違う景色を見ることができました。

 

夕日と海に浮かぶ大鳥居。見とれてしまう美しさでした。

f:id:flyingmother:20170705153741j:plain

 

今回は夜まで滞在できませんでしたが、ライトアップした大鳥居や厳島神社も見たかったです。水族館もあるし、潮干狩りもできそうだし、見学できなかった神社もあるし、次回は泊まりで来たいと思うほど、本当に素敵な場所でした。

恐らく今回はベストなタイミングで観光できたのだと思います。半日で干潮時と満潮時のそれぞれの厳島神社の顔を見られたのは本当にラッキーでした。 

予想以上に楽しめますし感動します。宮島、おすすめです!

 

この後、ロープウェーで弥山へ登る、後編へ続きます。