空飛ぶおかあさん

JALやANAのマイルを使って格安で行く旅行記や親子留学、海外サマーキャンプについて書いています。

エバー航空利用なら沖縄旅行と台湾旅行を同時に楽しめて20000マイル

f:id:flyingmother:20170608093532j:plain

こちらの記事の中で、ANAの提携航空会社特典航空券では、目的地以外に往路・復路いずれか1回、途中降機(24時間を超える滞在)ができると書きました。

 

 

途中降機(24時間を超える滞在)

日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。

乗り換え

日本国内で往路・復路各2回まで可能です。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能です。

  • 目的地は乗り換えの回数に含みません。
  • 地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗り換えと数えます。
  • 途中降機は乗り継ぎ回数に含まれます。

 

今回は羽田からANAで新千歳に飛び、24時間以内の乗り継ぎで翌日の昼にUAユナイテッド航空)で新千歳からグアムに飛ぶ旅程を組みましたが、実際、上記の条件で20000マイルでどれだけ立ち寄ることができるのか?

実現可能な旅程を組んでみました。

 

羽田→那覇→新千歳→グアム→福岡→大阪→羽田の旅程でも20000マイル 

 

羽田→那覇(24時間以内の滞在)→新千歳(24時間以上の滞在)→グアム→福岡(24時間以内の滞在)→大阪(24時間以内の滞在)→羽田

(仮の日程を入れてあります)

 

f:id:flyingmother:20170607214700j:plain

 

組めました。沖縄行ってもいいんですね。逆方向に飛んでもいいんですね。
北海道旅行とグアム旅行に加え、沖縄と福岡、大阪弾丸観光もできて20000マイル。日本縦断してますね。 

 

妄想モデルプランは・・・

 

羽田から昼便で那覇に飛び、サンセットクルーズディナーもしくは居酒屋で沖縄料理を楽しみ、翌日午前中はちょっと観光もしくは国際通りあたりの散策。昼便で新千歳へ飛び、数日北海道を観光。新千歳からグアムに飛び、数日〜数週間滞在。グアムから朝便で福岡へ飛び、グルメ巡りや観光。翌日の朝便で大阪へ飛び、大阪観光またはUSJ。翌日の朝便で羽田へ。

 

・・・この旅程をフルにこなすのはハードすぎますね。小さな子連れには無理そうです。でも私一人なら間違いなくやりますね。

 

エバー航空を利用すると沖縄も台湾も楽しめて20000マイル

 

ハイシーズンの羽田-那覇の往復は21000マイルです。
ハイシーズンの東京-台北の往復は23000マイルです。

ユナイテッド航空と同じくスターアライアンス加盟航空会社のエバー航空を利用すると、シーズンにかかわらず、沖縄旅行と台湾旅行に20000マイルで行くことができます。

 

羽田→福岡(24時間以内の滞在)→那覇(24時間以上の滞在)→台北→新千歳(24時間以内の滞在)→神戸・大阪(24時間以内の滞在)→羽田

(仮の日程を入れてあります)

 

f:id:flyingmother:20170607233809j:plain

 

組めました。20000マイル。

沖縄旅行と台湾旅行に加え、福岡、札幌、神戸、大阪の弾丸観光付きです(台北以降は無理して立ち寄る必要なし)。台湾への単純往復でも20000マイルなのですから、少なくとも沖縄に立ち寄らない手はないですね。

ああ、今すぐ取りたいこの旅程・・・。来年の春休みの計画に入れようと思います。

 

エバー航空は優良航空会社ランキングでも常に10位以内に入っていて安心ですし、路線によってはサンリオキャラクターとのコラボジェットやぐでたまジェットなので、キャラクター好きのお子さんがいればとてもおすすめです。 

Hello Kitty Jet Travels with You! | ホームページ

 

提携航空会社特典航空券を使った旅程を考えるのはとても楽しい

ANA便に比べて旅程組み立ての自由度がとても高い提携航空会社特典航空券。

ANAの提携航空会社(スターアライアンス加盟航空会社)もたくさんあるので、この条件での旅程はかなりのバリエーションがあると思います。

日本以外での乗り継ぎ先を増やすと税金もそれだけかかってきますので、税金のかからない国内乗り継ぎを絡めた旅程は、とてもおすすめです。

 

とはいえ、せっかくなので、海外乗り継ぎと日本国内乗り継ぎを最大限に組み込んだ旅程プランも、また探してみようと思います。