空飛ぶおかあさん

JALやANAのマイルを使って格安で行く旅行記や親子留学、海外サマーキャンプについて書いています。

バンコクエアウェイズはエコノミーでもラウンジが使える! サムイ・シンガポール旅行記4

バンコクに到着後、バンコクエアウェイズの乗り継ぎカウンターに向かいます。

スワンナプーム空港での国内線乗り継ぎが遠すぎる

JALのHPにある乗り継ぎガイド。

JAL国際線 - JAL、バンコクエアウェイズ コードシェア便のご案内

サムイには何度も行っています。国内線への乗り継ぎカウンターまで10分程とありますが、15分・・いやもっと歩く気がします。小さい子連れならさらに倍!とにかく遠い・・・

スワンナプーム空港のホームページに日本語で乗り継ぎの流れがありました。写真付きなので、初めての方でも比較的わかりやすいと思います。

国際線から国内線の乗り継ぎの流れ 搭乗券をお持ちの場合

国際線から国内線の乗り継ぎの流れ 搭乗券をお持ちでない場合

 

機内で発熱!病院へ!

今回も国内線乗り継ぎカウンターに向かう予定だったんですが、機内で娘がまさかの発熱!バンコク到着時には38度超えだったのでJALの客室乗務員さんが心配して、空港内の病院まで案内してくれることになりました。

必然的に乗り継ぎカウンターでのイミグレーション(入国審査)ではなく一般のイミグレへ。・・激混みです。ハブ空港だもの、当然ですよねー。
不幸中の幸い?で急病人扱いで列に並ぶことなくサクッと入国、そのまま病院へ。ここまでお付き合いくださったJALの方には本当に感謝です。

さて、病院で検温したら37.5度まで下がっておりまして。

病院スタッフ:「先生の診察受けること出来るけど、診察結果によっては飛行機に乗れないわよ。」

私:(いや、今日これからサムイ行き絶対乗りたいし、それだけは嫌)「今もう熱下がったから大丈夫!ありがとう!」

・・・熱が上がりきらず、持ち直してくれてよかったです。本当に子連れは何が起こるかわかりません。

 

スワンナプーム空港でレートが良い両替所はココ!

娘の熱も落ち着いたので、本来乗り継ぎルートであれば一般のイミグレーションではなかったので来ることが出来なかったオススメの両替所に行くことができました。

空港にありながらバンコク市内の両替店に引けを取らないと言われるその両替所は、空港B階、エアポートレールリンク(地下鉄)のチケット売り場の手前にあります。

ここは一見空港内にあるように見えますが、実際は空港内協定レートの適応区域から外れているためこのレートでの交換が可能なのです。

こちらのサイトのまとめが非常にわかりやすいです。

SUPER RICHを始め複数の両替所が並んでいましたが、一番レートが良かったスーパーリッチで両替することに。空港内協定レートがいかに悪いかわかります。

 

キッズコーナーもあるバンコクエアウェイズのブティックラウンジ

両替後、国内線のカウンターでチェックインし、やっとたどり着いたバンコクエアウェイズのラウンジ。

バンコクエアウェイズ利用者は、搭乗券を提示すれば無料で利用できます。ソフトドリンクやスナックなどの軽食、キッズコーナーやインターネット端末も数台設置、Wi-Fiも利用可!太っ腹!

 

ラウンジの入り口にはキッズコーナーが。
親はガラス越しにカウンター席でゆっくりしながら子供を見守ることができます。

 

ポップコーン。

 

軽食が並んでいます。

 

ドリンクコーナー。

 

ちまきとロールケーキをいただきましたが、微妙な味?好き嫌いだと思いますが。
この後、機内でも短い飛行時間にもかかわらず機内食が出るので、食べ過ぎに注意です!

 

ブティックエアラインとして高級なサービスを提供することで、LCCとの差別化を図っていますね。

航空券はなかなか高いのですが、見合ったサービスだと思います。
このサービスが5,000マイルで交換可能なのはすごいことだと思います!JALとの提携キャンペーンが継続してくれることを願います。

 

プロペラ機で1時間半の旅

サムイ行きの飛行機にはジェット機とプロペラ機の2種類があり、ジェット機なら1時間、プロペラ機だと1時間30分でサムイに到着します。 

今回はプロペラ機。ジェット機と違い機体が小さく、搭乗は後ろ側から。なので到着後早く飛行機を降りたければ、後ろ側の座席を予約するのがいいでしょう。

飛行機が沖止めなので、搭乗ゲートからバスに乗ります。
ラウンジが快適なのでつい長居してしまい、搭乗時間に遅れそうになり焦りました・・。

 

私的にはプロペラ機が好きです。 小さな島に行くって気分が盛り上がります。
プロペラ音、メチャクチャうるさいですけど。

 

日没前にサムイに到着できれば、トロピカルフラワーが咲き、かやぶき屋根でオープンエアの素敵な空港の雰囲気を満喫できたのですが、乗り継ぎの都合で今回は日没後の到着となりました。

ちなみに日本出発時に機内預け入れ荷物をサムイ受取りにすると、国内線ターミナルに到着しても、荷物だけは国際線のバゲッジクレームから出てきますので注意です。